年別アーカイブ: 2014

webライティング。どこまで軟らかくすればよいのか?

ウェブでは一般的に、紙媒体などよりも少しくだけた表現がよいとされています。特にブログなどの記事・読み 物については、広報やマーケティングのものであっても、硬すぎず親しみやすい語り口で、と言われます。 その通りと思います。

カテゴリー: ウェブ・ライティング タグ: , , ,

「広報担当者がブログを書くべき6つの理由」を読んで

8月15日付けで、「6 reasons why PR pros should blog(広報担当者がブログを書くべき6つの理由)」という記事が「PR Daily」のサイトに掲載されています。参考になりそうなので、ざっとご

カテゴリー: 広報について タグ: , , , ,

「英国政府Web担当によるデザインの原則」から、デザインについて改めて考えてみた

「Web担当者Forum」のサイトで、英国政府のWeb担当が作った“デジタルデザインの原則10か条”がスゴい!という記事が公開されています。 その10の原則とは? 上記のページから、項目のみ抜き出しておきます。 まずニー

カテゴリー: ウェブ・ライティング, ウェブ編集 タグ: , ,

マスコミと口コミの境界線がますます薄れていくのを実感した、東京都議会での野次に関する話題【続編】

19日に書いたこの問題は、その後さらに膨れ上がって、マスコミからもどんどん記事が出てきています。 そのマスコミの中から、今回の件をSNSと報道という観点からツイートされている方がいらっしゃったので、一部引かせていただきま

カテゴリー: SNS(ソーシャル), ウェブ編集 タグ: ,

タイトルは情緒的にならないように気をつけたい。あるいはこれは過度なSEO的行為なのか

きょう(5月22日)、某スポーツ紙のウェブ版に、このような見出しの記事が出ていました。 「迷走ザック采配とは大違い!!エディー日本、イタリア初撃破!」 これはないでしょう‥‥。 ラグビーについてはご存じでない方が多いと思

カテゴリー: SEO, ウェブ編集, 広報について タグ: , , , , ,

マスコミと口コミの境界線がますます薄れていくのを実感した、東京都議会での野次に関する話題

たまたま目にした東京都議会での野次がひどいというツイート。その話題がどんどん拡散されていくさまを実際に体験するなかで、マスコミと口コミの境界線がますます薄れていくのを実感。メモを残しておくことにしました。 きょう(5月1

カテゴリー: ウェブ編集, 広報について タグ: , ,

ブログのコメント欄の存在理由について考えてみる

当方のブログは、2014年の春からぼちぼち始めているものですが、コメントスパムが徐々に増え、6月に入ってからはほぼ毎日やって来るようになりました。すべて外国語です。コメントは承認制にしていますので、表には出ていませんが、

カテゴリー: ウェブ編集 タグ: , ,

ウェブの記事タイトルが長くなるのには必然性があるのではないか

紙のメディアはもちろんウェブでも、タイトルや文章は推敲して無駄な語は削る、というのが編集・ライティングの定石のひとつです。けれども最近、人気のブログや話題系ニュースサイト、バイラルメディアなどでは、記事タイトルが長めにな

カテゴリー: ウェブ編集 タグ: , , ,

タレントの事故報道から。気になった3つのキーワードについて

5月13日、タレントのTKさんが数日前に事故を起していたことが報じられました。世田谷区の住宅街の信号のない交差点で、TKさんが運転する乗用車と自転車が衝突したというものです。 気になったのは、所属事務所から出たご本人のコ

カテゴリー: ウェブ編集, 広報について タグ: , , , ,

料理の仕込みには「まな板と包丁」、原稿の仕込みには「テキストエディター」

ウェブの制作者たちにとって、パソコンはオフィス空間そのもの。 自分もその「デスクトップ=机上」にさまざまなファイル(書類や画像やhtml等)を広げて仕事をするわけですが、ウェブの編集・ライティングのために毎日欠かさずに使

カテゴリー: ウェブ・ライティング, ウェブ編集 タグ: , ,