しなくてもいいのに。マイナスの広報

以前、東京駅の構内でみかけた、某県の物産展。よくある光景ではあるのですが、そこここに立つ「のぼり」には「○○県イメージ向上委員会」の文字が。○○県は、いわゆる田舎の県です。

おそらく県庁内の広報とか、地域産業課とか、そういうところが主催をして、地元の物産展を都心で開催することによって、地元のイメージを向上させたい、という意図なのだと思います。その意図は正しい。

けれども、「○○県イメージ向上委員会」といってしまったら、「○○県はイメージがよろしくない」「○○県は知名度が低い」と宣言しているのに等しくなってしまいます。県庁など「内部」に対しては発信してよいのですが、外部に対しては、いわばマイナスの広報。とてももったいない。

せっかく名付けるなら、「○○県のよさを伝え隊」とか「○○県の観光・名産、知らなくて委員会」とか、ポジティブなものにしたいですよね。

TwitterGoogle+Facebook
カテゴリー: 広報について タグ: , ,